意外な利用方法も十分にチェック!工務店を活かしやすくなる知識について解説

このサイトでは、家づくりを工務店に依頼するときの賢い利用方法をお伝えします。
あまり知られていない意外な活用方法やサービスもあるので、要チェックです。
例えば値引きしてもらうやり方について紹介します。
注文住宅はお金がかかるので、できる限りお得なサービスを使うことが堅実です。
また業者の対応をスムーズに受けるコツなども分かります。
良い家を建てるために、業者の上手な活用方法をこのサイトでマスターしておきましょう。

意外な利用方法も十分にチェック!工務店を活かしやすくなる知識について解説

工務店は時折、お得なサービスプランを提供していることがあります。
例えば新商品が出たときに、通常価格よりかなり安値で販売しているお店も見られます。
新商品アピールのためでもありますが、デザインも機能性も満足できるならそうしたプランも活用するほうがお得です。
また水回り工事をまとめて行うといったプランも、安くできる場合が多いです。
シーズンによって割引されるプランもあるでしょう。
工務店の利用方法として、初めに使える割引特典を確認しておくのが堅実です。

工務店が建てられる住まいのタイプ

一軒家を建てる方法としては大きく分けて、工務店に依頼する方法とハウスメーカーに依頼する方法、そして建築事務所に依頼する方法の三つがあります。
その中でも工務店とハウスメーカーを利用している方が多いことでしょう。
どこを利用するにしてもメリットデメリットがありますが、工務店で住まいづくりを行いたい場合についてここでは紹介します。
これから家を建てたいと思っている方はぜひこれからの参考にされてみてください。
工務店は地域密着型が多く、たとえ支店を展開している場合でも、本店の近くにのみ拠点を置き、利用できる地域も限られてくることが多いものです。
そう聞くと自由度が低いように聞こえるかもしれませんが、その土地ならではの特質を知っているというメリットがあるため、建てたい地域に合っている建築工法や、木材を知っているというメリットがあるのです。
そして自由に注文を付けやすいというのもメリットで、たとえばキッチンは施主が気に入ったメーカーのシステムキッチンを取り入れることも可能です。

依頼前に工務店が行う顧客のヒアリング

顧客が工務店を訪れると、たいていの場合はヒアリングが実施されます。
これによってニーズを理解し、自分たちが提供できるサービスを案内するためです。
やみくもに紹介するだけでは、依頼を決断させるまでに時間がかかってしまいます。
それどころか的外れな提案をしてしまうと、他の工務店のほうが良いと判断されかねません。
そうするとビジネスチャンスを逃すことになるため、詳しい事情を把握してから商談に移るというわけです。
ですから、顧客としては自分の情報を生活に伝えることがポイントになります。
面倒だからといっていい加減に答えるのは良くありません。
依頼した後の施工に大きな影響が出る可能性もあるからです。
ヒアリング中に疑問を持った場合は、顧客のほうから尋ねることも可能です。
特に料金や施工方法については、この段階で正確に把握しておいたほうが良いでしょう。
いったん施工が始まると変更は難しいです。
そのため、両者の認識を共有する不可欠なプロセスとなっています。

オンラインで予約できる工務店の特徴は?

オンライン予約が可能な工務店は、予め来店を伝えることができるので、時間を確保してもらえる特徴があります。
予約なしで訪れた場合、先客がいれば待たされてしまう場合があります。
しかし、事前に伝えることができればあなたのための時間を確保してくれるので待ち時間はほぼないでしょう。
したがって、時間を無駄にしたくない方や、計画をしっかり立てておきたいと考えているのであれば予約していくことをおすすめします。
オンラインでそれが可能な場合、わざわざ電話連絡をする必要もなく手軽です。
ネットにアクセスできる環境にあればいいので、スマホからでも予約ができます。
工務店によっては、予約して来店することでプレゼントをもらえるといったキャンペーンをやっていることもあります。
例えば、いくらかのギフトカードが貰えるといったものです。
これは非常にお得なので、こうしたキャンペーンをやっていないか確認したり、やっているところから選んだりするのもおすすめです。

工務店が現地で実施する調査の目的

工務店が家を建てる場合で非常に大切なのが現地調査であり、敷地の面積を正確に測量し登記簿上の面積と一致するのか確認します。
次に工務店は土地に水道や下水道、ガスや電気などの配管が通っているのか無い場合には引き込み工事をどのように進めていくのか確かめていきます。
また地盤が軟弱なところに家を作ると、土地が傾いたり沈む恐れがあるので住まいの基礎を支える地盤の強さを調べて必 要に応じて地盤改良工事を行って、基礎工事をします。
さらに敷地に法的な規制が掛かっていないのか、条件付きの土地かどうかも調べないと建築基準法や都市計画法の規制を受けた土地なら勝手に設計をして家を建築することができないです。
敷地の区分が地目に分類されていれば、宅地として土地が利用できますが用途地域に分類された土地は都市計画法に基づき、高さ規制や斜線制などに基づき設計する必要があるのです。
工務店に注文住宅の相談をして見積は無料ですが、調査については専門的リサーチを行うため1件あたり5万円〜8万円程度の費用がかかります。
注文住宅を申し込むなら自分のこだわりや予算に応じて、工務店を紹介してくれる比較サイトがおすすめです。